初心者の私がWordPressのURLの/wpを消すのに1時間以上も費やしたので、誰でも簡単に/wpを消せるようにまとめみた。

私、ゆず太郎は2019年ついにWordPressでブログを書き始めました。
数年前からずっとWordPressを使ってブログを書きたいと思っていたのですが
なかなか手が進まなくて。。。前置きはこの辺にして↓↓↓

私はエックスサーバーをレンタルしてWordPressを始めましたが
設定の時よく分からずにインストールURLに「/WP」つけて設定しました。
なのでサイトのURLがhttp://tfknote.com/wpでした。

せっかく決めたURLに「/wp」ついているのが、なんかすごくかっこ悪い。。。
どうにかならないかな~っと調べたらなんと消す方法があったので、
今回はその「/WP」を消す方法を初心者にもわかり易く書いていきます。

結論!私にはとても難しかった。

先に言いますが、私はWordPress超初心者です。
どのサイトにも簡単、初心者にもできるという風に書いてありましたが

参考サイトが参考にならない!!

いろいろと分からない点があって複数のサイト見ながら作業して
約1時間以上かけてサイトを設定しました。

WordPressのURLの/wpを消すのに複数のサイトを見て行ったのですが、
これをなるべく一つのサイトを見て設定できるようにまとめてみましたので
是非参考にしてみてください。

このページもWordPress超初心者のゆず太郎が頑張って書きました。

1.WordPressの設定画面を開こう

WordPressにログインして、ダッシュボード
左のメニューから「 設定 」→「 一般とクリックします。

2.サイトアドレス(URL)を変更する

この画面では「 http://sample.com/wp となっているので「 /wp 」を削除して
「 http://sample.com 」に変更しました。自身のブログに合わせて変更してください。

ここで削除するのはサイトアドレス (URL)です。
間違えてサイトアドレスの上のWordPress アドレス (URL)も変更してしまう
下図のように「404エラー」が出てしまいます。

この状態になると、WordPressにログインもできず、サイトにもアクセスできなくなり
直すのに一苦労掛かりますので注意しましょう。
ちなみにゆず太郎はこの状態にならずちゃんとサイトアドレス (URL)のみ変更できました。

3.変更を保存をクリック!これ大事!

「サイトアドレス (URL)」の変更が完了したら、この画面の一番下までスクロールをして
変更を保存」をクリックしましょう。これでWordPressの設定は完了です。

ゆず太郎は超初心者なので「変更を保存」をクリックしなかったため、次の作業をしている
とまた「/wp 」が元に戻っているという状況が2回ぐらいありました(笑)。

4.FTPソフトを用意・起動する(ここが難所)

それではFTPクライアントソフトを起動してて・・・
FTPクライアントソフトなに??

FTPを使用してファイルの送受信を行うクライアントソフトウェアのことである。

はい。意味わかりません!

今回FTPソフトを使って行う事は、エックスサーバー内にあるファイルやフォルダに
アクセスをします。そしてエックスサーバー内あるファイルをダウンロードし、
そのファイルの内容を変更して、またエックスサーバーアップロードする感じです。

ゆず太郎にはこれ以上説明ができません・・・超初心者でごめんなさい(涙)

そして今回使うFTPソフトはこれ「FileZilla」です。安心してください。フリーソフトです。
まずは「FileZilla」クリックしてください。こんな画面に飛ぶと思います↓↓

上が32bit版で下が64bit版だそうです。
ゆず太郎はwindows7を使っているので、64bit版をダウンロードしました。
ちなみにwindows10windows864bit版で大丈夫です。

windowsXPを使っている人は32bit版の方が良いと思います。

ダウンロードしたら「FileZilla_3.13.1_win64」を解凍しファイル開きます。
filezilla.exe」をクリックしてソフトを起動しましょう。

左上の「ファイル → サイトマネージャー」の順にクリックします。
下の画面がでてきます。

まずオレンジの「新しいサイト」をクリックします。
次に赤ラインに「新規サイト」というのがでますので、そこに適当な名前にいれます。
ここでは「xサーバー」にしました。

ここで用意するものがあります。Xサーバーから送られてきたメールの

件名「【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ」から

上記の情報が書かれているメールを探し出してください。

メールを見つけたらあとは簡単です。上から

ホスト FTPホスト名(FTPサーバー名)を入れてください。
例)sv***.xserver.jp

プロトコル 「FTP ファイル転送プロトコル」を選択してください。

暗号化 「明示的な FTP over TLS が必要」を選択してください。

ログオンの種類 「通常」を選択してください。

ユーザ メールのFTPアカウント名を入力してください。

パスワード メールのパスワードを入力してください。

接続をクリック

成功するとこんな画面ができますので
今後もこの証明書を常に信用する」にチェックをいれ、「OK」をクリックしてください。

5.FileZillaを使ってファイルをダウンロードする

ゆず太郎のブログでは、右側の赤枠のリモートサイト部分を
tfknote.compublic_htmlwp」の順にクリックする感じです。「wp」をクリック
すると、その下側に「wp」の中に入っているフォルダとファイルが表示されます。

wp」の中に表示される「index.php」と「.htaccess」ファイルを右クリックからダウンロードしましょう。

ダウンロード場所は青枠で囲ってあるデスクトップでいいと思います。

6.ダウンロードしたファイルの中身を変更

ダウンロードしたファイルをWindowsに搭載されているメモ帳で開きます。
ゆず太郎はWindows7なので「Windows」キーを押しながら「R」キーを押すと、
ファイル名を指定して実行」ウィンドウが画面の左下に表示されます。

名前欄に「notepad」と入力し、「OK」をクリックします。

ファイル→開くを選択します。この上記の画面になります。
まず右下のオレンジの「すべてのファイル」を選択して、デスクトップにダウンロードした
index.php」を開きます。

オレンジの「/wp-blog-header.php」の部分を

/wp/wp-blog-header.php」に変更しましょう。

/wp」を一個書き足してして保存しましょう。

7.変更したファイルのアップロード

変更した「index.php」と、ダウンロードした「.htaccess」ファイルを、
先程の「wp」のひとつ上の階層にアップロードします。
ひとつ上の階層とは画像で説明します。

先程の「wp」のひとつ上の階層とは青枠で囲ってあるリモートサイトの
public_html」です。

そこに先ほど変更して、デスクトップに保存してある「index.php」と「.htaccess」を「public_html」フォルダ内にアップロードします。
index.php」と「.htaccess」を選択して右クリックからアップロードでできます。

アップロードできると右のオレンジで囲ってある2つのファイルが現れます。

*注意点

public_html」の中に、サーバー側が用意したサンプルページの「index.html」が
ある場合は、右クリックから削除選択して削除しましょう

これは新たにブログやホームページがアップロードされるまでに「このページは、まだホームページがアップロードされていません。」等が記載されている仮のページです。
この「index.html」が残ったままだと、せっかく設定をしてもこの仮のページが表示されてしまい、URLを変更したブログは表示されないので注意しましょう。

他にもこの最後のアップロードの段階でindex.phpのみをアップロードして、「.htaccess」をアップロードし忘れてしまうと、トップページ以外が
404エラー」になってしまうそうです。ゆず太郎は両方アップロードしたので、
404エラー」にはなりませんでしたが、忘れずに「index.php」と「.htaccess」の
両方をアップロードしましょう。

8.サイトにアクセスして確認

アップロードが完了したら、ワードプレスの管理画面にアクセスしましょう。
変更したURLもちろん「/wpなしのURL」でブログトップページが表示されていれば、
URL変更の設定は完了となります。

お疲れ様でした!